【 東川口・居酒屋~食の安全と安心~料理人とは 】

夢心結

048-299-6279

〒333-0811 埼玉県川口市戸塚2-23-1原ビル2階

営業時間:17:00〜24:00 (L.O.23:00 閉店.24:00)
定休日:日曜

ブログ2

【 東川口・居酒屋~食の安全と安心~料理人とは 】

お店からの声

2017/05/31 【 東川口・居酒屋~食の安全と安心~料理人とは 】

冒頭にて、、、

本日の投稿は、独りよがりになるやもしれません。

**********************************

神尾 哲男氏をご存知でしょうか???

突然、”名前だけを上げられても”と言われてしまいますよね!!!

末期がんを宣告された「シェフ」で、「料理で病気を治す」14年生存をされた方です。

なぜ、記事にしたのかと言いますと、、、、、

2017年5月4日に死去されました。64歳と言う若さで、、、

丁度、この本が私の手に届いた頃でした。

神尾氏は、食材から調味料に至るまでの過程を著書しています。

ここに、記載するよりも、読んで頂くのがベストかなと、、、

だからと言う訳ではありません。

明日の「6月1日」節目でもあるのですが、2年前の2015年に今の場所に移転し開店をしました。

移転後、3年目に突入致します。

その中で、色々な方との出会いの中で、【】が前面に出てきました。

安全性】や【安心】と言った様に、、、

すると、次々に出会うのです。

生砂糖」「死海の塩」「お酒」「食材」等々、、、

そして、最も大事な《水》に出会いました。

何故なら、この世の生きたる生物には、《水》が必要不可欠なんですから、、、

料理も然りです。

生きていく為の《水》の存在でも、安全で良い物でなければならないのです。

一例を挙げましょうか!!!

**********************************

~~ ぶり大根が出来上がるまで ~~

1.熱湯にて湯通しをし、鱗などの汚れを落とします。

2.大き目の鍋に、鰤のアラを入れて浸る様に《水》を入れ、料理酒を加え、火に掛けます。

img_8403_r

3.沸騰させる前に、火を弱めて灰汁をすくいます。

*流動する様な火加減です。

img_8406_r

4.丁寧に灰汁をすくうと、透明で澄んだ潮出汁になります。

img_8405_r

5.砂糖を加えてから、大根を生のまま加えて煮込みます。

img_8407_r

6.大根に半分ほど火が通りましたら、醤油を加えて、大根に火が通りましたら火を止め、タッパに移して冷まします。

img_8409_r

*この流動により灰汁が出て、丁寧な作業により、臭みの無い美味しい「ぶり大根」が出来る訳です。

**********************************

この一例ですが、私たち人間にも置き換える事が、出来るのではありませんか!!!

人間の身体は60%∼70%は、で出来ています。

汗をかくとは思いますが、体温の調節と共に、死滅した細胞を体外に出す仕事もしています。

すると、水分を補給したくなります。

この時、お茶やスポーツドリンクやジュースやアルコールで補給するのでは無く、紛い物では無い《天然水》で補給する事をお勧めします。

細胞レベルで変わります。

*********************************

私は医者ではありませんし、一料理人でしかありません。

しかし、食の安全と安心は、お届け出来ます。

調理人は、人の命を預かっているのだと自負していますから、、、

「これでいいや」「大丈夫だろう」「分かりはしない」など、妥協しての提供は一切しません。

これから先ずっとね~~~

********************************

おそまつ、、、

********************************

〒333-0811 埼玉県川口市戸塚2-23-1原ビル2階
TEL:048-299-6279 携帯:070-1488-9365
営業時間:17:00〜24:00 (L.O.23:00 閉店.24:00)
定休日:日曜(月曜が赤字の週は休まず営業)

TOP